生命保険の種類

生命保険の種類は、実に様々です。
当然、保険会社によってその内容も異なってきます。
では、主にどんな種類の生命保険があるのかご紹介しましょう。

まずは、万一死亡したときの保障です。
死亡したときの保障には、定期保険や定期付の終身保険、終身保険、変額保険、無選択の終身保険などがあります。
一般的な保険は定期付の終身保険であり、終身保険に定期保険をプラス上乗せしたものになります。

定期保険については、一定の保険期間中に死亡した時にのみ、保険金が適用されます。
一定の保険期間は、定年前の間や子が成人するまでなど決まっています。

終身保険は、一生保障が続くものです。
病気やケガなどの保障は医療保障です。
医療保障は、入院費や治療費を保障するものであり、医療保険、がん保険、障害保険、所得を補償する保険などがあります。
所得を補償する保険はあまり普段聞きなれない保険ではありますが、この保険は働く人が病気やケガで働けなくなり収入が減った時に、それを補填してくれるものです。

最後に、老後と貯蓄の保障です。
個人の年金保険、学資保険、養老保険、変額する個人年金保険です。
このうち個人の年金保険は、老後の生活資金を確保するためのものであり、保証期間付の終身年金や夫婦どちらかが生存している間保証される夫婦の年金、保証期間付の有期年金、確定年金など、実に様々な種類があります。

以上のように、保険は非常に複雑です。
さらにそれぞれ保険金も当然異なるので、契約するときには、それぞれの種類を比較して検討するようにしましょう。


~管理人推奨サイト~
今加入している生命保険などの保険の見直しを無料で相談出来るサイトです・・・保険の見直し